ロンドンを旅行するときには

バスを活用するとよいです

ロンドンはバスの町でもあります。赤いバスが名物の一つになっているくらいであり、ところによっては、24時間の運行をしている場所もあります。最も一般的なのが、2階建てタイプであり、多くの観光都市が真似ているくらい有名です。ダブルデッカーといいます。前のドアから乗車して、真ん中のドアから下車します。二階は人気がありますが、当然ながら、極めてよく揺れますから、注意です。ちなみに立っていることは許されていないです。あくまで席があって、二階に行くことができます。それと運賃ですが、毎年変えられていますが、料金自体は一律です。どこで降りたらいくら、ということではないです。

ロンドンの観光名所としてはまず

その名前の通り、ロンドン塔というのがあります。塔、といっていますが、城砦みたいなもので圧巻です。他にも大英博物館とかウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿、シティ・オブ・ロンドンなんかも見る価値がありますから、お勧めできます。テムズ川も一度は見たほうが良いです。基本的にはなんといっても、イギリスはかつての覇権国家であったわけです。ですから、色々と発展していますし、歴史的な建造物も多いです。料理だけはそこまで芳しくないですが、それでもフィッシュ&チップスくらいは食べてみると良いです。それと紅茶はお勧めできます。

こちらのサイトから竹原に行くならタビマスターズを見つけて旅行へ出かけよう。

横浜市に旅行に行くこと

港町横浜ですから意外と

横浜というのは、世界的にも非常に発展している都市です。日本でもトップクラスであり、実は色々と観光名所があります。大きな建物がありますし、橋もあります。歴史的には意外とそんなに長くないところではあります。開国してから発展したようなところですから、遺跡云々というのはそんなに多くないですが、港町ですから意外と異国情緒が溢れている地域でもあります。赤レンガ倉庫なんかは非常に格好が良いところです。人気のスポットになっています。夜景が綺麗な街でもあり、様々な絶景ポイントがありますから、行ってみると良いです。

横浜には中華街があります

横浜というのは、中華街で有名な町でもあります。後は神戸なんかも有名ですが、関東ではなんといっても横浜にあります。本格的な中華料理を堪能できる街でもあります。また、関羽という三国志に出てくる実在の武将が神として祭られているところでもあります。ちなみにこの関羽というのは、世界的に中華街で商売の神様として崇められています。旧正月の時期などは派手な催し事があります。中国では日本で言うところの旧正月で祝うからです。その為、日本の正月とは重ならないので意外と見に行き易い行事です。中華街を観光するときには時期を考えると良いです。

ここで唐津に精通しているタビマスターズを使って遊びにいこう

グループ旅行に便利な観光タクシー

観光タクシーを利用するメリット

マイカーで旅行に出掛けると長時間の運転で疲れてしまいますし、初めて訪れる土地は不安もあります。タクシーやバスで移動するのもいいと思いますが、貸切観光タクシーを利用する事も出来ます。貸切観光タクシーは、運転手さんがバスガイドのように観光案内を行っており、地元の方しか知らない穴場のスポットに訪れたり、渋滞を避ける道を使ってくれたりとお得に利用できます。また、ワンランク上のハイヤーを手配する事も可能で、ゆったりとした車内でくつろぎながら観光スポットに出かけられます。しかもタクシーとは料金システムが違い、お得な料金で利用できるのも魅力です。

観光タクシーの利用料金

近年は、高級車を揃えている観光タクシーも多く、中にはリムジンタイプのハイヤーを利用できる会社もあります。外国人観光客が増えているために英語が話せるドライバーなどサービスが多様化されています。また、グループなどで観光タクシーを利用する場合は、料金の見積りを依頼する事も出来ます。ちなみに観光タクシーの利用料金は車両や時間によって異なりますが、中型車で6時間、3万5000円ほどが目安です。4人乗りなので一人9000円ほどで観光できます。また、大型ハイヤーの6人タイプなら一人あたりの料金がもう少し安く、お得になります。

冬になったら小布施行きのタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。

フランスでの新婚旅行

見所が尽きない所なので中途半端な観光に

旅行日程のこともあり、十分に見て回れなかったのが残念です。ツアーでの旅行でしたが、自分が興味のあるところは大体網羅されていましたので、一通り見る事ができ満足はしています。フリーの時間帯は、オプショナルツアーを利用してモンサンミッシェルなどに行くことができました。ただルーヴル美術館は大きすぎてとても回りきれません。モナリザなんかは人が多すぎて見えませんでした。シャンゼリゼ通りのカフェは有名店が沢山あり、気になる店に入ったのですが、普通。凱旋門はバスで通っただけ。ベルサイユ宮殿は朝一で行ったので、人が少なく良く見て回れました。じっくり見たい場所があるなら、パリ近郊で1週間くらい欲しかったです。

エッフェル塔でドレス写真を撮影

妻の希望で、ツアーのフリー時間帯を利用し、モーニングとウエディングドレスを着て、エッフェル塔付近で記念撮影を行いました。大変思い出深い特別な時間を過ごせたのが良かったです。結婚して数年経ちますが、思い出話として必ず出てくるのがその証でしょうか。まず待ち合わせ場所に専属運転手付きのリムジンが登場。映画俳優の様な運転手が妻をエスコート。スタッフも気さくな方で安心ですし、日本語もペラペラ。写真はエッフェル塔のみならず、公園内の数か所で撮影しました。なんで外国って絵になる場所が多いんだろうと、妻は狂喜していました。とてもいい時間を過ごせたことが、私にとって一番良かったです。

ここで鎌倉で話題のタビマスターズを見つけて飛び立とう

アメリカ旅行の醍醐味

アメリカの大自然を満喫する

アメリカ旅行の醍醐味は、雄大な自然を満喫することにあります。グランドキャニオンやナイアガラの滝、西部の砂漠地帯や中部の草原など、圧倒されるほどのスケールの大きな自然の中に身を置くことができます。そしてそのような自然を生み出した悠久の歴史に思いをはせることができます。

アメリカは広いので、大自然を満喫するには長期間の旅行が望ましいですが、短期の旅行しかできない場合は、2か所ほどにポイントを絞って、1か所に2泊以上はするくらいの日程で、余裕をもって計画を立てるのがよいでしょう。駆け足の旅行では、大自然の醍醐味を十分に味わうことができませんから。

アメリカの都会を満喫する

アメリカ旅行のもう一つの醍醐味は、大都会の街歩きを満喫することにあります。

アメリカには、いくつかの大都会がありますが、それぞれに味わい深いたたずまいをしています。古く重層な建物が多いニューヨークや、近代的で機能的な街シカゴ、開放的で観光地も多いロサンゼルス、遊びとカジノの街ラスベガスなど、どの街も個性的です。旅行先に選ぶには、何をしたいかまず、目的を決めるとよいです。ミュージカルを楽しみたいのか、テーマパークにいきたいのか、カジノを体験してみたいのか、ショッピングを楽しみたいのか、など自分の趣味や興味に照らし合わせて、旅行する街を選ぶとよいです。

全く違った雰囲気の都会の街を、二つ以上まわってみるのも、比較ができて面白いかもしれません。

ここから鹿沼に詳しいタビマスターズを活用して旅行を計画しよう。

可愛い子には旅をさせよという言葉があるように…

あまりに過保護すぎると子供が成長しない

昔の人はよく言ったもので、確かに可愛い子供には旅をさせるのが一番いいです。現代の親はあまりにも過保護になりすぎていて、逆に子供が成長をするチャンスが少なくなっているのです。子供に一人で旅行をさせることが、その子の発育上とても大きな役割を果たすことは多くの人が認めるところです。確かに犯罪に巻き込まれたりするかもしれないので、慎重になるのは分かるのですが、あまりにも慎重になりすぎて成長の機会を奪うのはどうかと感じます。国内ですとそれほど危険もありませんから、親が陰からサポートしつつ旅行をさせてあげるのが一番でしょう。

子供はトラブルを経て大人になっていく

一人旅をしていると、いろいろなトラブルに見舞われることがありますが、そのトラブルこそが子供を成長させるのです。臨機応変にトラブルに対処できるようになると、大人になってからも問題解決能力が高いと周りから評価されるようになるでしょう。広い視野を獲得すると、今までになり発想ができるようになるかもしれません。他にも、知り合いをたくさん増やすことができる点も旅行のいいところだと言われています。日本全国のいろいろな人たちと子供を触れ合わせることで、過保護に育てられた他の家庭の子供とは一線を画す成長が期待できます。

こちらのサイトから花巻行きのタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。

昔の旅行と今の旅行の違い

楽しかった旅行は今はもう・・・

私の家族は私が産まれる前から、親戚で旅行が毎年夏のお決まりでした。私のお母さんは男1人、女5人の兄弟の末っ子で、6人とも結婚しています。それぞれに子供がいて、私にはいとこが9人います。その旅行はそれぞれの旦那は置いていって、女子供とおじいちゃんおばあちゃんで行っていました。黒部ダムや鳥取砂丘、熊本の阿蘇山にも行きました。でもおじいちゃんが死んで、そのあとすぐおばあちゃんも死んで、その旅行もなくなりました。それから親戚は集まることもどんどん少なくなって、今では年に1回も会いません。あの旅行は楽しかったです。

子供がいる毎年恒例の旅行

私は結婚して、子供が4歳と0歳がいます。毎年夏とゴールデンウィークには義母の実家の島根県に旅行に行きます。仕事の都合があるので日帰りの時もありますが、大体1泊2日で行きます。私、私の旦那、子供2人、義父、義母、旦那の弟、弟の彼女、旦那の姉、姉の旦那、姉の子供、総勢11人で車2台に分かれていきます。夏は観光、ゴールデンウィークは義母の実家の山でたけのこほりをします。大勢で、旅行の行先もなかなかまとまらなくて、好き勝手に動いたりするけど、最終的にたのしかったね。って帰ってきます。とても幸せな旅行です。

こちらのサイトから青森の一部で話題のタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

イギリス旅行のメインとしてロンドンが

イギリス旅行ではロンドン観光が

イギリス旅行では、ロンドン観光がお勧めできます。というのは、まずはなんといってもロンドンです。ロンドンというのは、さすがにイギリスの首都だけあって、見るところがいくらでもあります。しかしながら、日程に余裕があるのであれば、ロンドンだけでなく、ロンドンからさらに足を伸ばしてみるとよいです。イギリスというのは、飛行機はもちろんですが、鉄道、そして、長距離バスがそれなりにありますから、移動することに困ることはないのです。交通機関が発達してる、ということは安全性も高い、ということですから、そういった意味でもお勧めできます。レンタカーを借りて、自分で見て回る、ということもよいです。しかし、さすがに旅慣れをしている必要があります。

他にも色々といくことができる

何もロンドンのみがイギリスではないのは言うまでもないです。ストーンヘンジにいったり、イングランドの南東にある絶景を堪能したり、イングランドとは違った雰囲気を持つ、スコットランド、ウェールズなんかに行くこともお勧めできます。さすがに両方は難しいですが、日程に余裕があれば、どちらかに行くことはできます。かつての世界帝国の国ですから、是非ともその遺構を見て回ることです。そうした楽しみもあります。産業革命始まりの地なんかもとてもお勧めできます。峡谷ですので、見応えもありますから、極めて良い観光地であるといえます。

ここで山形にいるタビマスターズを使って遊びにいこう

イギリス旅行としてはお土産に

イギリス旅行に行くのであれば

イギリスの旅行というのは、よいものですし、色々と見所があります。それはよいことではあるのですが、考えないといけないのがお土産です。海外旅行にいったとなりますとさすがにお土産を買う必要があります。イギリスといえば、紅茶です。ですから、紅茶を買うことはよいことです。最も分かりやすいお土産です。本でも認知度が高い茶葉にするとよいです。純粋な紅茶のみならず、ハーブティーもよいです。更に王室御用達である、というものが普通に売っていますから、それもお勧めできます。旅行に行けばお土産は必須であり、イギリスではやはり紅茶です。

王室御用達といっても

王室御用達の茶葉ですが、いくつかあります。そのすべてが意外とパッケージがシンプルで格好がよいです。そうした面からでもお土産映えするのです。また、ポピュラーなお土産もいいのですが、珍しいものといえば、鰻ゼリーです。鰻というのは、実はイギリス人が昔から鰻を食べていたのです。それが鰻ゼリーなのです。ですから、これもお土産として最適です。お土産を選ぶのも旅行の醍醐味であるといえます。イギリスというのは、名所も多いですし、お土産も非常にたくさんりあります。そうしたところもお勧めできる要素であるといえます。行くのであれば、土産選びも楽しむことです。

ここで秋田にいるタビマスターズを見つけて旅行へ出かけよう。

オーストラリア旅行については

オーストラリアはお勧めできるところが

オーストラリアというのは、色々と見るところがあります。ですから、いく価値があります。まずは、グレートバリアリーフです。とても綺麗なところですから、是非とも見たほうがよいといえます。さらに建造物であれば、オペラハウスというものがあります。独創的な形状をしています。面白い形をしている歌劇場です。もちろん、外から見るだけでもいいのですが、是非とも中を見ることをお勧めします。世界的に有名なところであり、近代建築として、非常に人気があります。他にもシドニー・ハーバーブリッジと言うものがあります。名前の通り、橋です。シドニーの町と北岸を渡るためにある橋です。非常に美しいアーチ状の橋なのです。これはオペラハウスの近くにあります。ですから、二つを合わせて見るべきです。

エアーズロックは一見の価値があります

広いオーストラリア大陸ですから、お勧めできる観光名所としては、エアーズロックがあります。これは、言うまでもなく、大きな岩です。オーストラリアの中央にあるもので、ちなみに世界で二番目に大きい一枚岩なのです。意外かも知れませんが、二番目に大きいものなのです。但し、知名度的には、やりは一番であるといえます。まず日本人でも知らない人はいない、といってもよいくらいです。こうしたものがありますから、オーストラリアには十分に楽しむことができますから、是非とも旅行に行ってみることです。さらにも珊瑚礁なども綺麗なところです。

ここから大阪行きのタビマスターズを発見して旅を楽しもう。